RIAシステム 構築ガイド Essential 2

主要RIA技術構造比較概要

情報は常に更新されているので、最新情報は自分で調べてみよう
RIAシステム 構築ガイド Essential 2

RIAシステム 構築ガイド Essential 2

RIAコンソーシアムが発行したRIAの普及促進や開発に関するガイドライン『RIAシステム 構築ガイド』の2008年版である『RIAシステム 構築ガイド Essential 2』をWeb担向けに特別にオンラインで公開するコーナー。

RIAを支えるRIA技術の構造の概要比較を下記に示します。MushUp(様々なAPIを組み上げ、複数の機能を1つにまとめて操作できるようにしたWebアプリケーションの総称)が話題になる中、個々の技術が出来ること出来ないことを比較することの価値は相対的に下がってきているように思えます。ある技術でできることは、そう遠くない未来に別の技術でもできるようになることが見えてきたからです。

ですので、RIAシステム案件に向き合う場合、特定技術の固有なアイデア/テクニックを大切にするという観点も大事ですが、徐々に他技術との連携やポーティング、サーバも含めた最適なシステム構成といったITアーキテクチャ、更には保有技術や開発要員のスキルなども含めた開発体制の確立と育成など、様々な視点の必要性がますます高くなっているように思えます。

そうした活用法を想定した上で、下記の表にまとめてみました。尚、これらの技術は特に変化の激しいものですので、実装(検討)段階においては、最新情報を必ずご自分でお調べすることを強くお勧めします。また、異なる技術を同じフォーマットにするために、表記が分かり辛くなっている部分が多少なりともあります。ご容赦ください。但し、掲載情報はAjaxを除いてベンダーの確認を取ったものです。RIACでは随時この表をupdateしていく予定です。

本書で使用されている会社名及びサービス名、商品名に関する登録商標および商標は、それぞれ各社に帰属します。
主要RIA技術構造比較概要
画像をクリックでPDFをダウンロードできます。
『RIAシステム 構築ガイド』について

▲ページ先頭に戻る

この記事は、RIAコンソーシアムが発行した『RIAシステム 構築ガイド Essential 2』の内容を、Web担向けに特別にオンラインで公開しているものです。※掲載されている内容は2008年12月発行時点のデータに基づいています。

RIAコンソーシアムの活動記録とも言える本ガイドは、RIAの普及促進、開発に関するガイドライン、課題解決などについて、マネージメント、ユーザーインタフェース、テクノロジーの3つの視点からみた、それぞれのテーマについてまとめています。

冊子のご購入や「無料お試し版」ダウンロード、過去の構築ガイドに関してはこちらをご覧下さい。
https://www.ria-jp.org/about/guide.html

この記事が役に立ったらシェア!
tweet4はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

アップロード
手元のPCなどの機器から、ネットワークを介して、別のPCやファイルサーバー、ウェ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]