企業ホームページ運営の心得
句点の正しい用法。モーニング娘。誕生の裏側と学校では教えてくれないこと

「」内の文章の終わりに句点はつけるべきか、つけないべきか
Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる 企業ホームページ運営の心得

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

宮脇 睦(有限会社アズモード)

心得其の百弐十九

小学校のボランティアからの気づき

近所の公立小学校のホームページ制作をボランティアで請け負っております。入学式や運動会といった季節行事の他に、毎月発行される「学校だより」を公開しているのですが、そこにあった「元気に挨拶する児童がいた。」という表記が気になりました。「。(句点)」の扱いで「元気に挨拶する児童がいた」と閉じカギかっこ前には句点をつけないほうが好ましいのではないかという疑問です。

筆者として特別な意味を込めた「。」は作品の一部なのですが、文脈からそれは認められません。また箇条書きの文末にも句点があります。子供たちに日本語を教える先生としてこの表記はいかがなものかとミクシィに書き込むと「句点をつけるように学校で習った」というマイミクさんがいました。そして調べてみると、なるほど「学校」では正しいことがわかりました。結論には明治で出会いました。

馬鹿という人が馬鹿

まずはネットで検索すると同様の疑問を相談している掲示板がありました。閉じカギかっこ前に句点をつけたことを間違いだと指摘されたことに首をひねる相談者に、間違いと指摘する方が馬鹿だと過激な回答が寄せられます。その論拠は

くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」

で、これは明治39年草案の句読法(案)をもとに、昭和21年3月に文部省(当時)教科書局調査課国語調査室がまとめたものです。そこでは文の終止に句点をうつとあり、「」(カギかっこ)の中でも文の終止にはうつとあります。これをもって間違いといったものを「馬鹿」と断じるのですが、しかし新聞や雑誌、書籍では閉じカギかっこ前の句点を見つけることができません。拙著の原稿に校閲がはいると戻された原稿の閉じカギかっこ前の句点はすべて削除されていました。新聞や出版社は馬鹿の集まりなのでしょうか。

さらに調べてみると「馬鹿という人が馬鹿」という小学生の頃に聴いた言葉がオーバーラップします。

学校という異世界

そこで「言論機関」である朝日、毎日、読売、産経新聞に問い合わせてみました。すると毎日新聞以外からは返事があり、朝日は「朝日新聞の用語の手引き」、読売は「読売スタイルブック」、産経新聞は内規に準拠しているとのことで、全社「。」はつけないといいます。さらに「読売新聞東京本社読者センター」は句読法案についてこう指摘しています。

あくまで日本語表記の基準の「参考」であって法律で義務付けたり、強制しているものではありません

学校の常識が社会の非常識であることは何度か指摘しましたが句点もそうなのでしょうか。

敗戦と句点の相互作用

ここで原点に立ち返ると素朴な疑問が浮かびます。「くぎり符号の使ひ方」がつくられたのが終戦から1年も経っていない混乱期だということです。人はパンのみに生きるにあらず、といいますが、食べることに必死な時代に「。」などどうでもよいことです。ところがこの時代の「教育」を調べてみると1つ仮説が浮かんできました。

このころ戦前からあった「日本語ローマ字化」の動きが活発になっていました。加えて漢字、平仮名、片仮名といった文字種の多さが国民の教育を困難にして、軍国主義への傾斜を許したのではないかという話が囁かれ、GHQ(連合国軍総司令部)は米国教育使節団を呼びよせ調査をしたのは「くぎり符号の使ひ方」ができたのと同じ昭和21年3月(1946年3月)です。

ここからが仮説です。このGHQの動きに慌てた当時の文部省が文章のルールを「明文化」することにより、

「国民の語学力をあげる取り組みをしている」

とアピールするために「くぎり符号の使ひ方」が作られたのではないかという見立てです。語弊を怖れずにいえば「やっつけ仕事」。その後の調査で日本人の識字率の高さは米国を上回ることがわかり「ローマ字化」が下火となると、今日に至るまでの63年間、「使ひ方」と旧仮名遣いのまま改訂されていない「役人仕事」ぶりも仮説を補足します。

そもそもなかった。

それでは強制力がないとはいえ新聞や書籍が「ルール」を順守しないのは何故でしょうか。新聞各紙の内規がほぼ同じであることも不思議です。一社ぐらい「文部省準拠」の新聞があってもいいのでは? という疑問からさらに時代を遡ってみると、

「そもそも日本語に句読点はなかった」

にたどり着きました。

文化庁の資料によれば句読点が示されたのは明治39年のことで、「日本語の歴史」からみれば最近で、漢文の「レ点」のように「読みやすさ」のためにつけられたとのことです。明治以前から句読点があったという説もありますが、幕末、坂本龍馬が姉の乙女に送った新婚旅行の様子を伝える手紙に「。」は見つかりませんでした。出版界が「。」をつけないのは

「本当はつけない」

という文章を生業としている稼業の矜持か意地か。ともかく、漢文の登場が「。」の用法に1つの結論を与えてくれました。

ケータイ小説と書籍で変わる句点

仮にやっつけ仕事だとしても句点が明文化された意義を否定するものではありません。「つけてもつけなくてもいい」という選択制や、状況により要不要が分かれる「条件分岐」では言語習得の初期段階にある児童を混乱に陥れてしまうからです。そして「くぎり符号の使ひ方」にはこうもあります。

なほ、読者の年齢や知識の程度に応じて、その適用について手心を加へるべきである

ミヤワキ流の意訳はこうです。「(読者の)読解力にあわせる」。ネイティブな漢文を読み下せる読者にレ点が不要なように、閉じカギかっこ前に句点のない文章を好む読者層にむけてならうたず、学校で習ったことを優先するならば「。」と書けばよいことであり、正誤で裁くものではない……のではないかと。漢字含有量や読点の数、さらには文語体か否かも読者層で変えなければならないようにです。つまり文章は読者のためにあり、句点も読者次第であると。そして「学校では教えないことを語る」と決意して閉じカギかっこの前に句点をうたないと誓うのでした。

ちなみに「モーニング娘。」は間違いではありません。あれは文章ではなく「商標」。

♪今回のポイント

絶対的なレギュレーションではないのでどちらでも。

ただし、一定の「読書家向け」の文章ならそれ相応の。を。

tweet3このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle