企業ホームページ運営の心得
クラウドが取りこぼす社長の性質。お利口さんと商売現場の温度差

日経新聞の推す「クラウド」はWeb担当者を幸せにするか? 愛すべき愚かな人びととは?
Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる 企業ホームページ運営の心得

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

宮脇 睦(有限会社アズモード)

心得其の百十六

日経新聞の編集方針

インターネットの新技術「Web 2.0」の話題が一段落し、今度は「クラウドコンピューティング」に関心が集まっている
(3月22日のSUNDAY 日経新聞読書欄「今を読み解く」)

東京マラソン直前の日曜の朝、口にしたコーヒーを吹き出しそうになりました。「Web 2.0」への評価は様々ですが「特定の技術」を指すものではないことだけは明らかです。このあと「クラウド」関連の書籍を羅列し“クラウドの広がりは日本企業にも意識の転換を迫っている”と結びます。思い起こせば「Web 2.0」という単語が日経新聞に登場したのは「ミクシィ」の上場申請が受理された翌日で、「セカンドライフ」も熱心に取り上げていました。

次のトレンドを予言するのが日経新聞の編集方針のようで今のイチオシが「クラウド(SaaS)」。確信犯的に語弊を怖れない姿勢は見事です。しかし多くの「社長」が意識転換することはないでしょう。新聞記者とは違いますので。

クラウドはWeb担当者を幸せにするか

日本の経営者はいまだに自前のシステムを望む傾向にある
(日経新聞)

と、日経新聞では自前の情報システムを構築するより、適時機能を借用する「所有から利用へ」のほうが効率的で合理的だと指摘します。私も今後クラウドの利用者が増えるであろうと予想します。それでは日本の経営者がクラウドに意識転換したら何が起こるでしょうか。

サーバーはクラウド屋さんから借り、パソコンのスペックはネットが閲覧できるレベルで十分となれば、サーバーは売れず、パソコンの買い換え需要がなくなります。もちろん、パッケージソフトも不用となり、社内のシステム管理者もハローワーク通いを余儀なくされます。クラウド屋さん以外のIT技術者はリストラの対象となるか転業を迫られることでしょう。Web担当者も無縁ではいられません。クラウド屋さんの雄、セールスフォースはコンテンツの提供まで守備範囲と謳います。

社長という生き物

セールスフォース、グーグル、アマゾン。クラウド屋さんは外資系に多く、富士通、NECなど「ハード」を得意とする国内企業は苦境に立たされます。保護貿易主義者ではありませんが、国内経済に思いを馳せれば安易な礼賛はできません。

とはいえ、日本のIT市場がクラウド一色に染められることはありえません。クラウドを礼賛する人は社長という人種の特性を無視して議論を進めているからです。その特性がこれ。

“所有欲求が強い”

社長の所有欲求は猜疑心と支配欲でできています。クラウドは必要なときに借りられるといっても必ず提供される保証はありません。万が一でも0.01%です。万が一のリスクを疑い、心配する社長は「借りる」を好みません。所有していても地震、雷、火事、停電などで利用できないことはありますが、そのリスクすら「所有(管理下に置きたい)」したいものなのです。この性質はオーナー社長ほど強くなります。

「メディア」と「識者」

そして「所有」は悪いことではありません。まず、サーバーやパソコンが売れます。従業員の採用も所有欲求と無関係ではなく、利用するだけでよければ「非正規雇用」や「外注」で十分です。親分肌というかジャイアン体質というか、社長は「俺のもの」を愛し、雇用と需要を喚起します。

社長の所有欲求を考えれば「所有から利用へ」は選択肢の1つに過ぎず、消費と雇用からアプローチすればクラウドは内需を縮小する危険因子です。ところが「日本経済新聞」は持ち上げます。日経だけでなく「IT系識者」も同じく。IT革命、Web 2.0、セカンドライフ、そしてクラウド。「祭り」をつくりだすのは「メディア」と「識者」なのです。

「新しい」はメディアの好物ですぐに飛びつきます。そして報じた時点での取材が十分ならば「結果的誤報」を反省しません。結果に責任を求められる社長と新聞記者の違いです。識者とはコンサルタントや技術者、情報通(インサイダー)です。彼らの多くが「お利口さん」な、いわば「学級委員長タイプ」で客観的に情報を精査し、合理的な新発明や新サービスが普及する理由を論理的に述べます。

愛すべき愚かな人びと

ところが人は愚かです。ペシミストを気取っているのではなく、愚かだから嘘のストーリーの映画に涙し、架空の状況で語る恋歌に胸を焦がします。論理的にいえば「フィクション」です。しかし人間の真実です。非論理的な欲や感情に思いを馳せることができないのが「学級委員長タイプ」の限界です。論理的正当性からトレンドを予測し、惰性を安心感と錯覚してヤフーを使い続けるような日本人利用者の感情を置き去りにし。グーグルがもたらす未来を語ります。そして懲りずに「祭り」が始まります。

論理的思考が苦手でも商売に成功している社長は沢山いますし、個別の状況やそれぞれの感情を排除して情報を整理するのは学級委員長の得意分野です。優劣ではなく「属性」による違いですが、「商売用」に携わるならばこの違いを知っておくべきでしょう。

リーマンショックと同じ構造

クラウド屋さんの大手セールスフォースドットコムのデモムービーに名言を発見しました。

必要なのはアイデア

プラットフォームやツールは用意するのでアイデアだけお持ちよりくださいと投げかけます。逆説的に核心を突いています。そもそもそのアイデアがない企業にクラウドは不向きということです。ITを使って何をやりたいか、欲しい機能について考えがまとまっていなければ最新版のクラウドですら何も解決できません。

日経新聞の記事がWeb 2.0を技術と言い切ったところで吹き出しました。読み進めるウチに眉間にしわが寄りました。利用から所有を世界的潮流として礼賛するフォーマットが少し前の「金融グローバル化」と重なって見えたからです。

世界は、時代は、これからは。そしてアメリカバブルがはじけました。

♪今回のポイント

学級委員長タイプの報道には注意が必要。

所有欲求が実態経済を動かす。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet2このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore