編集長ブログ―安田英久

ユーザーインサイトは今までのアクセス解析とはちょっと違う

今日は、アクセス解析サービス「ユーザーインサイト」を紹介します。サイトのアクセス状況ではなく「ユーザー像」を知るのが得意なツールです。

今日は、いつも紹介しているタイプとはちょっと違うアクセス解析サービス「ユーザーインサイト」を紹介します。その名のとおり、自分のサイトを訪れている人がどんな人で、どんな動きをしているのかを知ることが得意なツールです。

ユーザーインサイト(User Insight)は、サイトにどんな組織の人がアクセスしているのかを調べる簡易サービス「なかのひと」や携帯サイトのアクセス解析サービス「うごくひと」を運営する株式会社ユーザーローカルが昨年末から開始したアクセス解析サービスです。

Web担でテスト用に使わせてもらったので、しばらくデータを蓄積して使ってみた感想としては、「こいつはすごい」でした。どこがすごいのか、お伝えします。

ユーザーをさらに深く知るための解析

アクセス解析の種別でいうと、JavaScriptビーコン型のASPサービス。でも、このサービスは、ちょっと今までのアクセス解析ツールとは違います。何が違うかというと、他の手法ではわからない「訪問者を深くを知る(ユーザーインサイトを得る)」ことを中心においている点。

これまでのアクセス解析のフォーカスは「Webサイト」であり、サイトのアクセス状況がどうか、ユーザーのサイト上での動きがどうか、といった解析が中心で、解析対象のデータはプログラム的に直接取得できるデータでした。しかしユーザーインサイトでは、さらにユーザーを理解するための情報を提供してくれるのです。

具体的には、次のような情報を提供してくれます。

  • 性別――男性/女性
  • 年齢――10代/20代/30代/40代/50代以上
  • ユーザーのインターネット利用度――超初心者/初心者/普通/ネット好き/マニア
  • 利用シーン――通勤・通学/仕事中/昼食/夕食/深夜
  • アクセス地域――都道府県別に加えて、関東や東海などのエリア別も
  • アクセス組織――組織名に加えて、情報通信/メーカー/マスメディア/金融・商社/サービス業/官公庁/大学/ほか学校/その他の分類も

性別、年齢、ネット利用度、利用シーンなどは、統計的な推定によるものであるとのこと。100%正確ではないものの、データを見る限り、かなり精度は高いようです。地域や組織はこれまでのアクセス解析でもわかる点ですが、分析しやすいようにグループ化した分類で示してくれる点が便利です。これらのデータは、サイト全体の統計として見るだけでなく、ページごとにも確認できます。

性別、年齢、ネット利用度、利用シーンなど
月ごとにアクセス状況やユーザー像をサマリ

また、それ以外にも、次のような解析ができるのも特徴。

  • ページごとに、CGM系サイトからの訪問者をソーシャルブックマーク/ブログ、/RSS、SNS、その他クチコミに分類して表示
  • 特定の組織の人がどれくらいサイトにアクセスしていて、どのページを見ていったか、どんな検索キーワードで訪問したかを確認
  • 検索キーワードごとに、どのページへのアクセスがどれだけあったか、ヤフーとグーグルの比率、男女比率、どの分類の組織が多いのかを確認
CGM系サイトからの訪問を分類ごとに表示
検索キーワードごとにユーザー像を表示

これらの情報は、今までのアクセス解析ツールよりもさらに一歩突っ込んで、「サイトの訪問者はどんな人なのか」を理解する手がかりとなります。たとえば、Web担ならば、

  • 「やっぱり30代が中心か」
  • 「もうちょいIT系以外の人、初心者にもわかりやすいコンテンツを用意したほうがいいな」
  • 「でも学術系とか官公庁からのアクセスも結構あるんだね」
  • 「調査統計の記事は大学のアクセス多いなー」
  • 「やっぱりRFPとかの記事は官公庁のアクセスが多くなるんだね」

といったところ。

ヒートマップでどこが読まれたかどこまで読まれたか確認

さらに、「ヒートマップ」機能もひと味違います。ヒートマップとは、実際のサイト画面に重ねてアクション状況を表示する機能。どのリンクがクリックされたかのヒートマップを表示するツールはありますが、ユーザーインサイトでは次のような情報をヒートマップで確認できる点で優れています。

  • ユーザーがページのどこまで読んだか(終了エリア)
  • ページ内のどのあたりをよく読んでいたか(熟読エリア)

ほかにもヒートマップで確認できる項目はあるのですが、この2つが秀逸。ヒートマップの表示は、前述のユーザー情報(年齢や性別など)のほか、時間帯、どの検索エンジンから来たか、再訪問頻度(一見さん/何度かアクセス/たまにアクセス/巡回ユーザー/常連)などの条件で絞り込んで確認できます。

ページのどこまで読まれたかのヒートマップ
ページのどこがよく読まれたかのヒートマップ

もちろん、これもスクロール状況やマウスの動きなどから推定しているものではありますが、「ユーザーがサイト上でどういった行動をしているのか」をさらに理解するヒントとなります。

Web担ならば、「これくらいの長さの記事なら、ちゃんと読んでもらえるんだね」「ニュースは記事下のリンクまで見ない人が多いんだね」「常連さんはトップページは上のほうしか見てないのね」といったところ。

サイト訪問者のことを深く知りたいならオススメ

もちろん、通常のアクセス解析ツールが備えている解析項目(PV数、訪問者数、平均閲覧PV数、参照元、滞在時間など)も確認できます。

それだけに、解析できる項目や表示される情報が非常に多く、「何を知りたいのか、分析したいのか」が明確になっていないと使いづらいツールだともいえます。この記事で紹介したような、「全体の数字じゃなくて、うちのサイトを訪れている人のことをもっと知りたい」という強いニーズがなければ、「ヒートマップおもしろいね」で終わる猫に小判になってしまいます。

利用料金は月額5万円からで、すでに大手各社が導入しているということ。あなたは、サイトの訪問者のこと、サイト上での行動のこと、どれくらいちゃんと理解していますか?

訪問ごとにどこから来てどう動いたかを確認
参照経路も普通に解析
ページごとにどこから来てどこへ行ったかを表示
ページごとにサイト内での移動パターンを表示
この記事が役に立ったらシェア!
tweet1はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

バイラル
話題や概念がウイルス(virus)のように広まっていく様子を表現する言葉。 ... →用語集へ

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore