正しいSEO相談室
サイトのリニューアルやサーバーの移転時にチェックしておきたいSEO要件とは

あなたの不安をプロが解消 正しいSEO相談室 SEM総合研究所分室

誰もが実践できるSEO。でも意外と間違った認識を持っている人も多いのでは?
そこでみなさんが抱えているSEOの不安や疑問をプロが解消します。

サイトのリニューアルや、サーバーの移転時にしておくべきSEOはありますか?

サイト全体の移転やコーナー別の移転、さらにサーバーを移転するようなケースには、さまざまなSEO要件があります。ここで失敗すると、過去の検索エンジンからの評価がゼロに戻る場合があります。過去に積み上げてきた検索エンジンからの評価を失わないために、下記に注意して移転を行ってください。

サイト、コンテンツを移動する場合

サイトの移転やリニューアルで、すでに公開しているページのURLが変更される場合は、301リダイレクトを使用して検索エンジンにURLの変更を伝えるようにしてください。

コンテンツが移動される場合に、「このページは移転しました。新しいページはこちら」という形の告知が行われる場合がありますが、その形では、ユーザーに対して移転を知らせることはできても、検索エンジンは移転を認識できません。検索エンジンにも移転を知らせるための方法として、リダイレクトを行います。リダイレクトを正確に設定することで、検索エンジンが認識するページの価値を新しいページに伝えられるようになり、旧サイトの評価を引き継ぐことができます。

主に使用されるリダイレクトには、「301リダイレクト」と「302リダイレクト」があります。301リダイレクトは永久移転を、302リダイレクトは一時移転を意味します。301リダイレクトは旧URLから新URLに完全に移転したことを示し、302リダイレクトは将来また旧URLに戻る可能性があることを示します。サイト・コンテンツの移転の場合、完全な移転となりますので301リダイレクトを使用するべきです。

図1 ホームページ上でリンクを張って移転先を知らせた場合、検索エンジンはhttp://www.sample.comとhttp://www.sample2.comを別々のページと認識するので元のページの評価は引き継がれない。
図2 301リダイレクトで移転先を知らせた場合、検索エンジンはhttp://www.sample.comがhttp://www.sample2.comに移転したと認識し、元のページの評価は引き継がれる。

どうしても301リダイレクトが行えない場合は、meta要素refreshを使用して、0秒で移動させることで301リダイレクトとほぼ同じ効果を期待することもできますが、SEO観点では可能な限り301リダイレクトを行うことをお勧めします※1

※1 <meta http-equiv="refresh" content="0; url=移転先のURL">
0秒で指定したURLに転送する際のmeta要素の記述例。0秒で転送させると301リダイレクトと同じ効果が得られる。

参考情報

ドメイン名を変更する場合

サイトのリニューアルにあわせてドメイン名を変更する場合には、新しいドメイン名はSEOに不利になる場合があることに注意してください。その場合は、本連載の記事「新規ドメイン名はSEOに不利?」でも解説している通り、新しいドメイン名を可能な限り早く検索エンジンにインデックスさせておくことをお勧めします。

IPアドレスが変更される場合

ドメイン名やURLの変更、サイトの移転がなくても、ウェブサイトを公開するサーバーの変更などでIPアドレスが変更される場合には、旧IPアドレスと新IPアドレスを併用する期間を設けるように注意してください。これは検索エンジンがIPアドレスの変更を認識できない危険性があるためです。

新しいIPアドレス(サーバー)上でコンテンツを公開した後、移転先のサイトのサーバーログを確認して、検索エンジンのクローラが訪問していることを確認してから、旧IPアドレスのコンテンツを消去するようにしてください。

同じホスティング会社でサーバーの契約プランを変更する場合などには、併用期間を持つのが困難な場合もあります。併用期間を持たなくても大きな問題となる可能性は非常に小さいとは考えられますが、危険を避けるために可能な限り併用期間を持つ形でのIPアドレス変更をお勧めします。

参考情報

IPアドレスが変更される場合の移転作業のまとめ

  1. 新しいIPアドレス(サーバー)に旧IPアドレスのコンテンツをコピー
  2. 新しいIPアドレスのコンテンツを検索エンジンのクローラが訪問していることを確認
  3. 旧IPアドレスのコンテンツを消去する

※記事の内容は、執筆時点のものです。検索エンジンの仕様は頻繁に変わるため、将来においてもこの内容がそのまま該当することは保証できません。

あなたの疑問・質問を募集 SEO相談室で相談したいこと、取り扱って欲しい内容があれば件名に「SEO相談室」相談係と書いてメールにてお送りください(宛先:web-tan@impressrd.jp)。

※本連載の質問受付は終了いたしました。今後の企画をご期待ください。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet4このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore