Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報
「SEOの意外な裏技」その3:キーワードのバリエーションは、検索意図を考慮して使おう

Moz(旧SEOmoz) 2008/8/28(木) 9:00 tweet1このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

今週は、「SEOの意外な裏技」シリーズその1その2に引き続き、第3弾として、僕がまだSEOになりたての頃によく頭を悩ませた(そして今も、多くのサイトを惑わせているらしい)ある問題を簡単に見ておこうと思う。

といっても、難しい問題なんかじゃない。「A」というキーワードで高い検索順位を獲得しているページがあると、大した理由があるわけでもないのに、「A」によく似たバリエーションをターゲットにした別のページを作るという間違いを犯す人がいる、ということなんだ。

1つ例を挙げよう。

Example of Multiple Pages vs. Single Page Targeting Keywords

ときには、異なるページでさまざまなキーワードのバリエーションにターゲティングした方がいいっていうこともありうるけれど、その場合はちゃんと理由を考えなければならない。上図の例で言うなら、「電気スクーター」を検索するのと、「電気スクーターを購入」「電気スクーター販売」「格安電気スクーター」を検索するのとでは、検索者の意図は実質的に同じだ。だから、1つのページでそれぞれのキーワードを効果的にターゲティングできるというのに、これらのバリエーションを1つずつターゲッティングしたページを複数作成するなんて、賢明だとは思えない。僕の経験では、こんなところでわざわざスパムと思われそうな手法を使う必要すらない。タイトルタグの形をちょっと見てみよう。

下手なタイトルタグ:

<title>Cheap Electric Scooters for Sale, Buy Electric Scooters</title>
格安電気スクーター販売、電気スクーターを購入

よくできたタイトルタグ:

<title>Buy Electric Scooters at Scootermoz - 1000s of (In Stock) Electric Scooters for Sale</title>
電気スクーター販売のScootermoz − 電気スクーターの在庫1000台以上で即納できます

よくできた方では、タイトルに「cheap(格安)」という言葉を使っていない。実際の場面でも使うことはないと思う。小売業界のSEOをやった経験から言うと、(キーワードの修飾語として)「cheap」を使ってもコンバージョン率の低いビジターしかやってこないことが多いし、他のビジターのコンバージョン率まで下がってしまう可能性がある。僕だったら、「cheap」をタイトルではなくページの本文中で使うだろう(その場合も、比較的少なめにね)。「cheap」以外のフレーズは使えるのでタイトルに入れたし、本文中にも同じフレーズをちりばめとくだろう。あるページを表すのに最適なキーワードの変形パターンには、もっと意味の広いフレーズが含まれている(「電気スクーター販売」というフレーズの中に「電気スクーター」が含まれているように)のが普通だ。したがって、長めのフレーズを使うと、元のキーワードもうまく引き立てられる。

ここにはトリックも何もない。指針となるのは、次に挙げる単純な考えだけだ。

  • 4ページに対してバラバラにリンクしてもらうより、1ページにだけリンクしてもらう方ががはるかに簡単だ。
  • サイト内リンクジュースを的はずれのページに浪費するのは、決して良いアイデアではない。
  • ROIを向上させるための活動に集中させるべき時間や労力を、余分なページのコンテンツに費やすのは悲劇的状況だ。
  • キーワードにしたいフレーズといくつかのバリエーションを1ページに集中させた方が、非常によく似た変形フレーズをターゲットにしている派生ページを複数作るより、検索エンジン対策としても効率がいい

もちろん、ページを分割する方が理にかなっているという場合もある。どちらを選択すべきか、僕は比較的単純な手続きを利用して決めている。

Break Keywords Into Multiple Variants Chart

この作業には難しい理屈なんて何もないかもしれない。だけど、僕はこのような失敗例を頻繁に目にしてきたから、この情報を頭に入れておいて、サイトを作ったりチェックしたりするときにはぜひとも応用してほしい。いつものように、コメントは大歓迎さ!

tweet1このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle