Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報
Googleツールバーのページランク急落現象に関する調査: 下落が発生していたドメイン名は3.8%

Moz(旧SEOmoz) 2007/11/22(木) 10:00 tweet0このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

10月の下旬に、僕たちは非常に多くのサイトでページランクが突然下がったという多数の報告を受けた。

そしてすぐに、あちこちから「Googleが有料リンクにペナルティを科すため、ランク決定の方程式を更新したんだ」という声が上がり始めた。

ところがその一方で、自分たちのサイトには何の変化もないとして、これらの報告を相手にしない人もいる。

一体どちらの言うことが本当なのだろうか? これらの噂や報告を、錬金術のような怪しい方法ではなく、真の科学的方法で整理するには、どうすればいいのだろうか?

幸いなことに、ここはSEOmozだ。僕たちには、この目的に使える強力なツール群がある。

SEOmozユーザー(みんなのことだよ)のおかげで、僕たちにはドメイン名のランクを記録し続けてきた膨大な量のデータの蓄積がある。このデータと現状のページランク情報を比較してみれば、その数値の差から、鉛を金に変えるための出発点が見えてくるはずだ(もちろん、ページランクが下がっていなければ、鉛のままだけどね)。さあ、核心に触れていくとしようか。僕たちの調査結果を以下に示しておく。

2007年10月24日、午後3時から10時32分(太平洋標準時)のデータ。

  • 調査したドメイン名:3万2856件
  • ページランクが上がったドメイン名:0件
  • ページランクが下がったドメイン名:1264件
  • ページランクに変化のなかったドメイン名:3万1592件
  • ページランクが上がったドメイン名の割合:0%
  • ページランクが下がったドメイン名の割合:3.8%

この調査結果を見れば、ページランクに変化が生じたのは明らかなようだ。

さらに興味深いことに、ページランクの下がり幅が最も大きかったサイト上位5件をより詳しく調べてみると、すべて有料リンクを含んでいることがわかった。

このことから、おそらく最初にこの現象を報告してきたサイトには、何らかのモラル上の問題があったのだと想像できる(^_-)。

こんなこと言ってもたいした慰めにもならないだろうけど、言われているほど酷くないんじゃないかと思う。僕たちはそれから「調整」という第2ラウンドがありそうだと知り、再度テストを行った。

調査は、2007年10月29日の午後12時19分から5時28分(太平洋標準時)にかけて実施。今回は非常に多くのページでページランクが上がった。

  • Googleツールバーのページランクが上がったページ数:5499ページ
  • 上がり幅6ポイント:1ページ
  • 上がり幅5ポイント:4ページ
  • 上がり幅4ポイント:35ページ
  • 上がり幅3ポイント:211ページ
  • 上がり幅2ポイント:1054ページ
  • 上がり幅1ポイント:4194ページ

しかし、良い話には悪い話がつきものだ。

  • 今回は9527ページでページランクが下がった。

この第2波は、最初の変化よりもずっと重大なもののように思える。

というのは、ページランクの変動幅が前回よりはるかに大きいからだ。初回の調査では、ページランクが下がってもせいぜい4ポイントが限度だった。ところが今回は、最大で7ポイント下がったページがある。とはいえ、そのような大きな落ち込みを経験したページはすべて、合法性を装って運営しているページではなく、開店休業状態や休眠中のもののようだ。

調べてみて大変興味深かったのは、Googleと競合する検索エンジンのいくつか(Yahoo!、AltaVista、Microsoftなど)でもランクが下がっていること(わずか1ポイントだが、それでも下がったことに変わりはない)。Google.frのランクも同様に下がっていたようなので、このことに特別な意味はないだろう。

一見、数多くのサイトが特に理由もなくページランクの落ち込みを経験したように見えるが、最も下がり幅の大きかったサイトは、有料リンクを含んでいた。

ほかに何か気づいたことや、追加できるデータ、質問などあったら、どんどん聞かせて欲しい。

Randから一言:参考までに言っておくと、僕らはこのような最新のデータをたくさん集めているけれど、そのデータは全体像をつかむ目的にしか利用しない。集めたデータを競争的分析に使用したり、何かアイデアを得るため、あるいはその挙動から特定のサイトを「取り出す」ために使用するといったことは「やっていない」し、今後もすることはない。ただし、検索エンジンに今大きな変化が起こっているので、Melが出してくれた今回のようなすばらしいデータを、あれこれたくさん提供していくつもり。

今回示したデータに基づいて僕個人の意見を言わせてもらうと、最初のページランク調査で見られた現象は、リンクを販売しているサイトで、ランク操作を試みているとGoogleが判断したところに対して、価値を下げたり、冷遇しようとする取り組みだということは、誰の目にも明らかだった。しかし2回目の調査のとき(最初の調査からおよそ48時間後)の変化は、ツールバーに表示するページランクデータの通常更新によるものなのだろうと思う。

この記事が役に立ったらシェア!
tweet0このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

コミッション
手数料や歩合を意味する語句。 広告代理店やアフィリエイト事業者は、広告主が ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社トランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeper
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社Sitecore