『ウェブ進化論』で語られなかった大切なこと

『ウェブ進化論』と重要キーワードアンケート①「不特定多数」編

ページ

『ウェブ進化論』で語られなかった大切なこと

読んだ人と読んでない人に聞いた
ウェブ進化論』と重要キーワード

アンケート1 「不特定多数」編

すでに40万部を突破したとも言われている『ウェブ進化論』。ベストセラーだけあって、ネット業界の人間のみならず、広くビジネスパーソンにも読まれているに違いない。ということで、一般の人を対象にアンケートを実施。自由回答には、賛同、批判ともに多くの意見が集まった。果たして、あなたの受けた印象と比べてどうだろうか?

編集部

調査方法

調査者 :インプレスR&D
調査期間 :2006年10月24日〜28日
調査方法 :独自アンケートシステムを使ったウェブインタラクティブ調査
サンプル数 :344人
回答者プロフィール:20代6.4%、30代35.8%、40代46.2%、50歳以上11.6%

アンケートの回答者数は344人。回答者層は、グラフ1にあるように全体の半分が「何らかの形でウェブにかかわっている人」。「その他」の9人は、「ウェブを副業務として担当」や「イントラ担当」「ウェブも含めた事業を統括する立場」など。

グラフ1 仕事でウェブにかかわっていますか?

『ウェブ進化論』を「読んだことがある」のは27%、「読もうと思っている」は15.4%。これが、「何らかの形でウェブにかかわる人」174人のなかでは、それぞれ39%、16.7%と多くなった(グラフ2)。

グラフ2 あなたは『ウェブ進化論』を読みましたか?(ウェブにかかわる174人に対して)

グラフ3は、同書のなかで語られている、ネットの可能性やウェブ社会の拡大がもたらす影響=大変化について聞いたもの。読んでいる/いないにかかわらず全員による回答のため「『大変化』とか言われても何のことだかわからない」が多くなってしまったようだが、それでも「時間をかければなんとか」(23%)、「対応できると思う」(16.3%)といった回答も多い。

グラフ3 日本で「大変化」が起きる(起きた)としたら、あなたの会社はそれに対応できますか?

グラフ4の「ロングテールは現実的な方法論だと思いますか?」では、「ビジネス条件がそろっていれば可能かも」が38.4%。ロングテールモデルはそう簡単に成立しないという点は意外に理解されているようだ。

グラフ4 ロングテールは現実的な方法論だと思いますか?
次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
tweet0はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]