Google Watch
Googleを成功に導いた6つの教訓

林 信行 2006/8/11(金) 11:50 tweet1このエントリーをはてなブックマークに追加 印刷用

ページ

Google Watch

ヒットの法則:Google、mixi、iPodを6つの教訓で検証

林 信行(ITジャーナリスト)

今や技術面でもビジネス面でも、インターネットを語るうえで欠かせない存在となったGoogle。この連載では、そんなGoogleが提供しているサービスとそれを支える技術の解説、ビジネス的な可能性の考察など、さまざまな視点から捉えていく。

Googleとmixiの類似点

成功しているIT企業にはどんな秘密があるのだろう。最近、日本でノリにノッている企業と言えばソーシャルネットワークのmixiだ。7月26日には会員数500万人突破を発表している。

mixiはこの2年半、ほとんど広告を打つこともなく、日本でもっとも注目されるIT企業へと成長した。

筆者は2年前にmixiが一般向けに本格的にサービスを始める前からの会員で、同サービスがほとんど誰にも知られていない頃から紹介記事を書き始めていた。

当時、筆者のまわりではほとんどmixiは知られていなかったが、その後、ポツリポツリとユーザーが増えていく。取引先の出版社に足を運ぶと、毎週着実にオレンジ色のページが増えていくのだ。

実は筆者が、その様子を見て真っ先に思い出したのが、5年前となる2001年のできごとだ。

この年、mixiと同様に一切広告を打たないあるITサービスが、口コミだけで同様の広がりを見せていったのだ。

この当時も、筆者がGoogleの記事を書いた雑誌の編集部ですらGoogleを使っている人は5分の1くらいで、その他のほとんどの人は新聞社やポータルサイトのウェブページを開いていた。

しかし、2001年の終わりから2002年にかけて、これが次々と真っ白で味気ないほどシンプルな検索エンジンの画面に置き換えられていった。そう、Googleだ。

mixiが日本一注目されるIT企業なら、世界一は間違いなくGoogleだ。

両社の成功にはいくつかの共通項がある。

例えば売り上げの多くを広告収入に頼っていること。それから自社のサービスについては、ほとんど宣伝を行っておらず、口コミで広まってきたこと。さらに、目的が驚くことはっきりしていること。

Googleは、「世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすること」、mixiは明文化はしていないが、あえていえば「友達を常にアクセス可能にし、有益かつ楽しい交友関係を築くこと」だろうか。

誰に強制されるでもない形で、友達とゆるく楽しくつながる手段をたくさん用意することで、毎時間とは言わないまでも8割近くのユーザーに3日に1度はアクセスしてもらおう、というのがmixiの狙いであり、実際、同社はその試みにおいて成功している。

Google社が示した6つの教訓

次のページへ

ページ

tweet1このエントリーをはてなブックマークに追加
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
Web担メルマガでラクラク情報ライフを
注目記事が毎週手もとに届いて見逃さない
要チェックのセミナー情報もゲットできる
編集長コラムを一足先に読める
―― 10万人が読んでいる、Web担必読メルマガです

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

GOLD SPONSOR
さくらインターネット株式会社株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ株式会社日本レジストリサービスHP Softwareトランスコスモス株式会社株式会社ハイパーボックスDomain Keeperアドビ システムズ 株式会社
SPONSOR
株式会社キノトロープ株式会社アイレップ株式会社ニューズ・ツー・ユーシックス・アパート株式会社ウェブアンテナ株式会社サイバーエージェント富士通株式会社SitecoreYahoo!プロモーション広告Oracle