ネット通販の送料、販売側が負担すべきと6割が回答。送料値上げへの理解は3割 | ネットショップ担当者フォーラム

ネットショップ担当者フォーラム - 2017年9月13日(水) 06:00
このページは、外部サイト ネットショップ担当者フォーラム の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「ネット通販の送料、販売側が負担すべきと6割が回答。送料値上げへの理解は3割」 からご覧ください。

ネット通販の配送にかかる費用を負担するべきなのは、消費者か出店者か、それともサイト運営者か――。

日本労働組合総連合会(連合)が8月31日に公表した「日本の社会と労働組合に関する調査2017」によると、ネット通販の配送料を負担するべきなのは「消費者」と回答した割合は37.8%だった。

ただ、「出店・出品者」は33.6%、「サイト運営者」は30.7%となっており、商品を消費者に売る「販売側」が負担すべきと考える回答者は6割を超えている。

ネット通販の送料は誰が負担すべき? 最多は「消費者」37%、事業者側とする回答も約6割に(日本労働組合総連合の調査)
ネット通販の配送料は誰が負担すべきか?(連合調べ)
消費者の3割は送料値上げに理解

同調査では、運送業界などで人手不足を理由にサービスの見直しや料金値上げが行われていることについて感想を聞いた(選択式・単一回答)。

その結果、「料金の値上げもサービスの見直しも、やむを得ない」が29.4%で最も多い。

次いで「料金は値上げしてもいいが、サービスは維持してほしい」(22.0%)、「料金を値上げするならサービスも向上してほしい」(19.1%)、「料金が今のままなら、ある程度のサービスの見直しはあっていい」(14.1%)だった。

回答者の約3割は、人手不足による料金の値上げとサービスの見直しに理解を示している。

ネット通販の送料は誰が負担すべき? 最多は「消費者」37%、事業者側とする回答も約6割に(日本労働組合総連合)の調査
人手不足などが理由のサービスの見直しや料金値上げについて(連合調べ)
調査概要
  • 調査名:日本の社会と労働組合に関する調査 2017 
  • 調査対象:ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする15歳~64歳で働いている人(自営業・フリーランス、役員・経営者を除く)
  • 調査期間:2017年4月21日~4月26日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査地域:全国
  • 有効回答数:1036サンプル
  • 実施機関:ネットエイジア株式会社

※このコンテンツはWebサイト「ネットショップ担当者フォーラム」で公開されている記事のフィードに含まれているものです。
オリジナル記事:ネット通販の送料、販売側が負担すべきと6割が回答。送料値上げへの理解は3割
Copyright (C) IMPRESS CORPORATION, an Impress Group company. All rights reserved.

渡部 和章
ライトプロ株式会社 代表取締役

渡部 和章(わたなべ・かずあき)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。

趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]