データスタジオのサポート対象国が増えました | Google Analytics 日本版 公式ブログ

Google Analytics 日本版 公式ブログ - 2017年3月16日(木) 14:17
このページは、外部サイト Google Analytics 日本版 公式ブログ の情報をRSSフィード経由で取得して表示しているため、記事の一部分しか表示されていなかったり、画像などが正しく表示されなかったり、オリジナル記事が意図したデザインと異なっていたりする場合があります。
完全な状態のオリジナル記事は 「データスタジオのサポート対象国が増えました」 からご覧ください。
この記事は、Google アナリティクス ソリューション 英文ブログ記事 「Data Studio now globally available」を元に構成しております。
先月発表したように、データスタジオのレポート作成数の制限(最大 5 つ)がなくなり、レポートを必要な数だけ無料で作成し、共有できるようになりました。この度これに加えて、データスタジオをご利用いただける国が 180 か国以上に増えたことをお知らせいたします。これからは、より多くのお客様にデータを簡単に活用していただき、情報溢れる有益なレポートを作成していただけるようになります。レポートはカスタマイズでき、共有も簡単です。


レポート作成に役立つ新機能
データスタジオのサポート対象国が増えることに加え、データの分析やレポート作成に役立つ次の機能も追加されます。


フィルタ

さまざまな方法でデータを絞り込むことができます。また、作成したフィルタを複数のグラフで簡単に再使用できます。フィルタの新機能は次のとおりです。
  1. 再使用 - 一度フィルタを作成すれば、レポートのその他のコンポーネントでもそのフィルタを使用できます。同じフィルタを何度も作成する必要がありません。
  2. 条件の組み合わせ - 複数の AND 条件と OR 条件を組み合わせて、再使用可能な 1 つのフィルタを作成できます。
  3. 指標のフィルタ - 大きすぎる指標値、小さすぎる指標値、または指定した範囲内の指標値を除外できます。

詳細については、データのフィルタリングに関するヘルプ記事をご覧ください。


[フィルタの作成] パネル

Google アナリティクスのセグメント
Google アナリティクスのセグメントをグラフに適用できるようになりました。

Google アナリティクスのセグメントは、「リピーター」など、特定の条件でデータをグループ化したものです。Google アナリティクスのすべてのセグメントをデータスタジオで表示し、選択したセグメントをグラフに適用できるようになりました。さらに、Google アナリティクスでセグメントの設定を変更すると、その変更がデータスタジオの該当するセグメントに自動的に適用されます。

詳細については、セグメントに関するヘルプ記事をご覧ください。


Google アナリティクスのセグメントがデータスタジオに表示される

データコネクタに新しいフィールドを追加
頻繁に使用するデータコネクタ(YouTube、DoubleClick Campaign Manager、AdWords)が新しくなり、多数の新しいディメンションと指標が追加されました。新しく追加されたフィールドには、動画タイトル(YouTube)、アプリ別の収益やクロス環境コンバージョン数(DoubleClick Campaign Manager)、キャンペーン ID、キーワードの品質スコア(AdWords)などがあります。新しいフィールドの一覧は、データスタジオのリリースノートをご覧ください。


Google Cloud Platform との連携Google Cloud Platform と密に連携され、膨大なデータのレポートを短時間で作成できるようになり、機能も強化されました。


ファイルのアップロード
SQL や Google のデータベースにすべてのデータが保存されているとは限りません。最大 2 GB の CSV データを無料でアップロードする機能が追加され、どこからでもデータを取り込めるようになりました。データが 2 GB を超える場合は、BigQuery アカウントを使って BigQuery へデータを直接読み込むことができます。データを読み込んだ後は、Google のインフラストラクチャの拡張性に優れた処理機能を利用できます。


BigQuery との密な連携

データを BigQuery へ直接読み込むだけでなく、データスタジオで BigQuery の標準 SQL を使用し、カスタムクエリや分割テーブルを作成できるようになりました。


新機能の詳細
初めてご利用になる場合はテンプレート一覧をご覧になり、データスタジオではどのようなレポートを作成できるかをご確認ください。新機能についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、ヘルプセンターの関連記事をご覧ください。


ご意見やご質問がございましたら、データスタジオ コミュニティ フォーラムに投稿をお寄せください。

Happy reporting!


投稿者: Dave Oleson(データスタジオ担当プロダクト マネージャー)

日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]